「元留学生が教える」自己分析のやり方(簡単に自己分析できます)

留学生Aさん
留学生Aさん

そもそも何のため、自己分析をするのかわからない…..

留学生Bさん
留学生Bさん

キャリアセンターの先生に「就活において自己分析は大事だ」と言われるけど、自己分析のやり方がわからない…….

留学生の<br>就活ナビ
留学生の
就活ナビ

自己分析は意味があるか?と疑問を持っている就活生が多いのではないでしょか。

今回は、自己分析の目的ややり方について徹底解説します。

この記事を読むことで、わかること
・自己分析を通して、自分の性格や強みを明確にする
・自己分析を効率的に進めるために、「OfferBox」の適正診断を受ける
・自己の過去を振り返って、今までの経験や出来ことを書き出す
・企業選び基準を定めることで、就活を効率化する

 

1.自己分析の目的

目的①:企業選び基準を決めるため

就活で自己分析を行う目的の1つは、企業選び基準を决めることです。

企業選び基準とは、働く上で絶対に譲れない条件のことを言います。

企業選び基準を定めるために、まず自分のことを分析し、働く上で求めることを明らかにする必要があります。

また、自己分析を通して企業選び基準を定めておくことで、自分に合う業界や企業を見極め、就活をスムーズに進めます。

自己分析を徹底的に行わないと、自分に合わない企業に応募し、時間や体力をかけてしまう可能性があります。

就活を効率的に進めるために、自己分析を行い、企業選び基準を定めておきましょう。

目的②:自分の人間性や強みを明確にする

就活で自己分析を行う目的の2つは、自分の人間性や強みを明確にすることです。

面接官は、学生が自社の求める人物像に合う人材なのかを確認するために学生の人間性や強みについて質問しています。

しかし、自己分析をしっかり行っていないと、面接官に「自分がどんな人なのか」を十分にアピールできません。

また、就活で自分に合う企業を選び、応募するために、まず自分のことを知っておくことが重要です。

面接で自分の人間性や強みをアピールするために、自己分析を行いましょう。

2.自己分析のやり方

自分分析のやり方①:適性検査を受ける

自己分析のやり方の一つ目は、適性検査を受けることです。

就活生向けの適性検査を受けることで、自分のことを客観的に分析してくれます。

自己分析は自分のことを自分で分析するため、主観的になりやすいという特徴があります。

しかし、主観的な分析だけで、自分のことを正確に分析できません。

適性検査を受けることで、自分の性格や強みなどを客観的に分析できます。

OfferBoxの適性検査では、上記のように強みを分析してくれるので、自分の強みや弱みを客観的に把握できます。

まず、キミスカの適性検査やOfferBoxの適正検査を受けることで、客観的なデータを準備しましょう。

おすすめの適性検査
キミスカの適性検査
   ・18万人以上の就活生が登録しているキミスカが運営している
   ・性格の傾向、意欲の傾向、思考力の傾向、ストレス耐性、価値観の傾向、ネガティブ傾向、職務適正などを客観的に分析してくれる

②OfferBoxの適性検査
   ・適性診断AnalyzeU+を無料で受けることで、自分の強みや弱みを分析できる
   ・利用企業数は11,400社以上であり、企業からスカウトメールが届く

 

自己分析のやり方2:自分の過去を振り返る

自己分析のやり方の2つ目は、自分の過去を振り返ることです。

適正検査では自分の強みや性格などが明確になりますが、その強みや性格を発揮した経験やエピソードを自分で思い出す必要があります。

面接で面接官を説得させるために、自分の性格・強みとその性格・強みを発揮した経験をセットで伝えます。

なので、適性検査で分析できた性格や強みを発揮した経験や出来ことを選ぶために、今までの経験や出来ことを書き出す必要があります。

上記にように、小学生時代から日本への留学までの経験や出来ことを書き出し、自分の強みや価値観を発揮した経験を選びます。

適正検査を通して自分の性格や強みを把握した上で、その強みや性格を発揮した経験や出来ことを洗い出しましょう。

自己分析のやり方③:モチベーショングラフを作る

自己分析のやり方の3つ目は、モチベーショングラフを作ることです。

過去の出来ことや経験を書き出した上で、モチベーションブラフを作ることが大事です。

企業選び基準を定めるために、まず自分の価値観を分析し、企業に対して求めることを明確にする必要があります。

モチベーショングラフを通して楽しかったことや悲しかったことを書き出し、楽しかったことの共通点や悲しかったことに共通点をまとめます。

楽しかったことの共通点や悲しかったことの共通点をまとめることで、働く上で求めることや求めないことが自然に見えてきます。

企業選び基準を定めるために、過去の経験をもとにモチベーショングラフを作りましょう。

自己分析のやり方④:企業選び基準を定める

自己分析のやり方の4つ目は企業選び基準を定めることです。

自己分析のゴールである企業選び基準を決めることが大事です。

企業選び基準を定めるために、自分の価値観や性格などを把握する必要があります。

自分分析で「楽しかったことの共通点」や「悲しかったことの共通点」をまとめることで、自分の価値観や性格を分析できます。

また、自分の価値観や性格を把握した上で、企業に対して求めることを明確にすることが大事です。

企業選び基準として代表的な基準を紹介します。

自己分析を通して自分の価値観や性格を分析し、企業選び基準を定めておきましょう。

自己分析のやり方⑤:自分の強みや弱みを書き出す

自己分析のやり方⑤:自分の強みや弱みを書き出すことです。

面接で自分の強みや弱み、価値観などについて聞かれることが多くあります。

面接で聞かれた時に、答えられるように強みや弱み、価値観などをまとめておきます。

また、強みや価値観を発揮した場面や弱みを感じた出来ことを添えて書きます。

面接で自分のことをアピールするために、自分の強みや弱み、価値観などを書き出しましょう。

自己分析を選考に活かせる方法

自己分析でただ自分のことを分析するのではなく、自己分析を選考に活かせることが一番大事です。

自己分析を徹底的に行うことで、「自己PR」、「学生時代に頑張ったこと」、「志望動機」を魅力的に伝えられます。

自己PR

自己分析を選考に活かせる方法の一つ目は、自己PRを作ることです。

自己PRは面接で絶対に聞かれる質問の一つです。

自己分析を徹底的に行なっていないと、面接官に自分のことをアピールできません。

適性検査の結果から自分の強みや能力を洗い出した上で、その強みを発揮した経験や出来ことを選びます。

面接で強みやその強みを発揮した経験をセットで伝えることが大事です。

自己分析で明確にした強みをもとに、自己PRを作っておきましょう。

学生時代に頑張ったこと

自己分析を選考に活かせる方法の2つ目は、「学生時代に頑張ったこと」の回答を作ることです。

面接官は学生の人間性や所長を確認するために、学生時代に頑張ったことを質問します。

なので、学生時代に頑張ったことを伝えることで、自分の人間性や性格をアピールする必要があります。

自己分析で明らかになった人間性や所長を合わせて伝えれば、学生時代に頑張ったことが評価されやすくなります。

学生時代に頑張ったことを答えることで、自分の人間性や所長などをアピールすることを意識しましょう。

志望動機

面接官に評価される志望動機を作るために、自己分析を行うことが大事です。

自己分析を通して企業選び基準を明確にしておくことで、なぜその企業を志望しているかを答えられます。

その結果、面接官に評価される志望動機をスムーズに書くことができます。

また、志望動機で入社意欲や志望度を伝えられていないと、面接官に「志望度が低い」と思われてしまいます。

自己分析で明確にした企業選び基準と志望する企業の特徴をリンクさせることで、志望度をアピールできます。

なので、企業選び基準に基づいて、志望動機を作ることができます。

他の自己分析のやり方

他の自己分析のやり方①;他人に聞く

他の自己分析のやり方の一つ目は他人に聞くことです。

自分1人で自己分析を行っていると、どうしても主観的な視点が入ってしまいます。

しかし、自己分析において客観的に自分を理解することは大事です。

客観的に自己を知るために、周りの人に「自分がどんな人なのか」を聞いてみます。

また、就職エージェントを利用すると、プロのアドバイザーがあなたの強み、性格についてヒアリングすることで、自己分析をしてくれます。

周り人に聞きにくいと思う方に、就職エージェントを利用することがおすすめです。

他の自己分析のやり方②:説明会や面接に参加する

他の自己分析のやり方の2つ目は、説明会や面接に参加することです。

就活においてとりえず説明会や面接に参加することで、自己分析することもできます。

自己分析をしても「自分がどんな企業に合うのか」がわからない時、合同説明会や面接に参加してみるといいかもしれません。

合同説明会や面接に参加すると、入社したいと思う企業や入社したくないと思う企業が出てくるはずです。

また、「なぜ入社したいのか、なぜ入社したくないのか」を繰り返して考え、入社したい企業の特徴や入社したくない企業の特徴をまとめます。

入社したい企業の共通点をまとめることで、企業選び基準を明らかになります。 

最後に

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。

この記事では自己分析をする目的や簡単に自己分析できる方法について紹介してきました。

自己分析をすることで、自分に合う業界や企業を絞ったり、面接官に自分の魅了を伝えたりすることができます。

就活のゴールは内定を獲得することではありません。本当のゴールは自分に合う企業に入社することだと思います。

そのために、自己分析を徹底的に行うことが大事です。

 

 

この記事を書いた人
wuri

『留学生の就活ナビ』の運営者
趣味:カフェ巡り
実現したいこと:外国人が働きやすい社会を作ること

毎日バイトばかり、日本語はN1に合格できたけど、
話すのが得意ではなく元留学生が日本の優良企業に内定した体験をブログにまとめています。

留学生の就活ナビをフォローする
就活サイト
留学生の就活ナビをフォローする