「日本で就職したい留学生向け」日本のホワイト企業の見つけ方

留学生Aさん
留学生Aさん

ホワイト企業に就職したいけど、ホワイト企業の見分け方がわからない

留学生の<br>就活ナビ
留学生の
就活ナビ

日本で安心して働くために、ホワイト企業に入社したいですね。

ホワイト企業を入社するために、特徴、条件、見分け方などの確認するべきことがたくさんありますよ。

この記事では、日本で就職したい留学生に向けて、ホワイト企業の特徴、探し方、見分け方などを解説します。

この記事を読めば、「ホワイト企業かどうかをどう見分けるか」、「ホワイト企業の探し方がわからない」という悩みを解消できます。

「日本で就職したい留学生向け」日本のホワイト企業の見つけ方

ホワイト企業の特徴

就活では、ホワイト企業という言葉を良く聞くと思います。

しかし、そもそもホワイト企業はどのような企業なのかわからない就活が多いのではないでしょうか?

実は、ホワイト企業について明確な定義がありません。

ホワイト企業とは、一般的に福利厚生や研修制度が充実しており、働きやすい企業のことを指しています。

では、ホワイト企業に共通する特徴を紹介します。

ホワイト企業の特徴
特徴①:福利厚生が充実している
特徴②:離職率が低い
特徴③:有給休暇を取りやすい
特徴④:月平均残業時間が少ない
特徴⑤:女性が働きやすい環境
特徴⑥:研修制度が充実している
留学生の<br>就活ナビ
留学生の
就活ナビ

上記の特徴を持つ企業は一般的に「ホワイト企業」と言われています。

しかし、全ての特徴を持つ企業はほとんどないので、自分にとってホワイト企業の基準を持つことが大事です。

ホワイト企業の探し方

留学生のBさん
留学生のBさん

ホワイト企業の探し方が分からない

留学生の<br>就活ナビ
留学生の
就活ナビ

ホワイト企業に特化した就活サイトがあまりないので、

まず、企業との接点を作ってから、ホワイト企業かどうかを調べることが大事です。

探し方①:就職四季報で企業をみる

ホワイト企業の探し方の1つ目は、「就活四季報で企業を見る」ことです。

就活四季報では、企業の採用者数、3年後離職率、有給消化平均、平均年収、月平均残業時間、企業理念、給与やボーナスなどの情報が掲載されています。

まだ、就活四季報は企業のPRではなく、企業に関するデータや状況を掲載しています。

なので、就活四季報では企業について客観的な情報を得られます。

就活四季報をみることで、企業の働きやすさや自分の企業選び条件に合っているかを確認できます。

探し方②:外部から評価されている企業を探す

ホワイト企業の探し方の2つ目は、外部から評価されている企業を探すことです。

厚生労働省や経済産業省のホームページで優良企業として認定された企業のリストを公開しています。

国に認定されるために、一定のホワイト企業基準を満たす必要があるので、ホワイトマークを取得した企業は優良度が高いと言えます。

厚生労働省や経済産業省が公開しているホワイト企業リストを参考し、自分に合う企業を探してみましょう。

探し方③:口コミサイトを活用する

ホワイト企業の探し方の3つ目は、口コミサイトを活用することです。

口コミサイトでは、元社員による口コミをまとめっています。

口コミサイトをみると、実際に働いていた社員による評価を理解できるので、働きやすいや離職理由などのリアルな情報が得られます。

探し方④:就活サイトで検索する

ホワイト企業の探し方の4つ目は、就活サイトで検索することです。

「リクナビ」、「マイナビ」、「ワンキャリア」などの就活サイトで自分が関心のある業界や職種で企業を検索できます。

就活サイトで給与、有給休暇、離職率、福利厚生などの情報が掲載されています。

就活サイトを利用し、企業を検索することで、企業との接点を増やしましょう。

探し方⑤:逆求人サイトを活用する

ホワイト企業の探し方の5つ目は、逆求人サイトを活用することです。

ホワイト企業を探す前提として、まず多く企業との接点を作らなければなりません。

逆求人サイトでは、企業の人事が学生のプロフィールをみて、スカウトメールを送っているので、自分に興味がある企業と出会えます。

そして、スカウトを持っている企業の情報を調べて、ホワイト企業かどうかを精査しましょう。

留学生の<br>就活ナビ
留学生の
就活ナビ

逆求人サイトで自分に興味がある企業と接点を作って、ホワイト企業を探したい留学生に「OfferBox」がオススメです。

OfferBox」では学生のオファー受信率 93.6%になっているので、自分に興味がある企業と接点を作ることができます。

ホワイト企業の見分け方

見分け方①:口コミサイトを確認する

ホワイト企業の見分け方の一つ目は「口コミサイトを確認する」ことです。

口コミサイトを利用することで、社員による企業の口コミを確認できます。

口コミサイトで実際に働いていた従業員の評価を見ることで、ホワイト企業の特化を持っているかを確認します。

口コミサイトでは元従業員によるリアルな情報を参加できるので、オススメです。

見分け方②:インターンシップに参加し、職場の雰囲気を確かめる

ホワイト企業の見分け方の2つ目は、「インターンシップに参加し、職場の雰囲気を確認する」ことです。

インターンシップに参加することで、仕事内容や社員がどのような働き方をしているか、職場の雰囲気が明るいかなどを確認できます。

自分にとって働きやすい環境なのかを判断するために、インターンシップに参加し、自分の目で企業の雰囲気を確認しましょう。

見分け方③:頻繁に求人を出していないかを確認する

ホワイト企業の見分け方の3つ目は、「頻繁に求人を出していないかを確認する」ことです。

ホワイト企業に入社するために、ブラック企業を避けることが一番大事です。

ブラック企業は、従業員の入れ替わりが激しいなので、比較的に離職率が高いと言われています。

離職率が高い企業は、欠員を補充するために、常に募集を行われなければなりません。

なので、頻繁に求人を出している企業は。離職率が高い可能性があります。

見分け方④:外国人社員に聞いてみる

ホワイト企業の見分け方の4つ目は、「外国人社員に聞いてみる」ことです。

日本人にとってホワイト企業でも、外国人人材の受け入れる体制を整っていない可能性があります。

なので、外国人として働きやすい企業かどうかを見分けることが大事です。

実際に働いている外国人社員に、仕事内容、働きやすい、働き方、評価制度などを聞くことで、外国人にとって働きやすいなのかを確認します。

ホワイト企業を見分ける時の注意点

注意点①:ホワイト企業に明確な定義がない

ホワイト企業を見分ける時の注意点の1つ目は、「ホワイト企業に明確な定義がない」ことです。

ホワイト企業とは、一般的に給与が高い、離職率が低い、福利厚生や研修制度が充実しているなどの特徴を持つ企業のことを指しています。

しかし、人によってホワイト企業と判断する基準が異なります。

ホワイト企業と言われる企業はすべての人にとって「良い企業」とは限らないのです。

ホワイト企業を見分ける時、自分の企業選び基準を満たしているかを確認することが大事です。

注意点②:外国人にとっての働きやすさが大事

ホワイト企業を見分ける時の注意点の2つ目は、「外国人にとっての働きやすさが大事」です。

外国人と日本人は仕事する上で大事にする価値観や考え方が異なるので、ホワイト企業の基準も異なります。

日本人に「ホワイト企業」と言われている企業でも、外国人に合わない可能性があります。

ホワイト企業を見分ける時、外国人として働きやすさと外国人人材の受け入れ体制を整っているかを確認しましょう。

注意点③:待遇より仕事内容が大事

ホワイト企業を見分ける時の注意点の3つ目は、「待遇より仕事内容が大事」ことです。

福利厚生や待遇が良い「ホワイト企業」でも、仕事内容が合わないとストレスが溜まります。

企業を選ぶ上で、待遇や福利厚生などの条件だけではなく、仕事内容や職種が一番大事です。

ホワイト企業でも、仕事内容にやりがいを感じないと、早期退職に繋がります。

ホワイト企業を見分ける時、仕事内容が自分に合っているかを確認しましょう。

最後:「これだけを譲らない条件」を決めて、ホワイト企業を見分けましょう

「ホワイト企業」はとても曖昧な言葉です。人によって企業に求めるものが異なるので、ホワイト企業の基準もバラバラです。

他の人にとってホワイト企業は、自分に合わない可能性があります。

また、ホワイト企業のすべての特徴を満たす企業がほとんどありません。

なので、自分に合う「ホワイト企業」を選ぶために、「これだけを譲らない条件」を決めることが大事です。

自分が大事にしている基準の元で、自分に合うホワイト企業を探しましょう。

この記事を書いた人
wuri

『留学生の就活ナビ』の運営者
趣味:カフェ巡り
実現したいこと:外国人が働きやすい社会を作ること

毎日バイトばかり、日本語はN1に合格できたけど、
話すのが得意ではなく元留学生が日本の優良企業に内定した体験をブログにまとめています。

留学生の就活ナビをフォローする
就活サイト
留学生の就活ナビをフォローする